サイトマップ
お問い合わせ

企業情報

沿革

1954年8月日邦社高原印刷創業(代表 高原 広、帯広市大通南13丁目)
1960年1月有限会社日邦総合印刷と改称(代表取締役 高原 広、資本金200万円)
1960年10月曽我印刷株式会社創立(代表取締役 曽我 政一、帯広市東1条南12丁目)
1963年8月曽我印刷、帯広市西16条北1丁目に工場新築移転
1971年1月高原 広、曽我印刷株式会社代表取締役に就任
1972年9月有限会社日邦総合印刷と曽我印刷株式会社は合併
1972年10月ソーゴー印刷株式会社に名称を変更し、資本金を2000万円に増資
1974年1月新規事業として紙器工場を増設
1977年10月新規事業として連続帳票用フォーム印刷機及び附属設備を導入
1987年3月電子組版(レーザー7)一式を導入
1990年4月連続帳票用フォーム印刷機を増設
1990年12月富士通コンピュータによる組版編集システム(IPS-GX)一式を増設
1992年5月マッキントッシュ一式を導入し、デジタル化への取組みを開始
1995年12月隣地713uを取得、総敷地2,498uに3階建延2,986uの社屋を新築
1996年9月イメージセッターを増設、制作課のオンライン化を図る
1997年12月ハイデルベルグ5色印刷機導入
1998年7月生活情報誌 月刊しゅん 創刊
2000年4月プリントショップしゅん、長崎屋帯広店に開店
2001年1月高原 淳、代表取締役社長に就任
2002年2月プリントショップしゅん閉店、本社内に自費出版センター開設
2002年プリントTシャツ発売開始
2002年家康V2発売開始
2003年モバイルクーポン事業開始
2004年スロウ、チビスロウ創刊
2004年リョービ4色印刷機導入
2005年スロウがジャグラ作品展で経済産業大臣賞受賞
2006年6月マイステージ北海道をスタート
2007年6月第一回きらり☆フェスタ開催
2008年8月しゅん創刊10周年大感謝祭開催
2009年4月ムック「とかちマメスロウ」創刊
2010年6月フリーマガジン「旅しゅん」発行
2010年7月雑誌「keran keran」創刊