高原淳写真的業務日誌 > 活動記録 > 活動記録91 お酒とアイデア

活動記録91 お酒とアイデア

活動記録91 お酒とアイデア

おはようございます。
 朝はロータリー関係の仕事。重たい動画データをどうすればよいか考える。いいソフトを見つけた。さほど画質を落とすことなく、1/4ほどのサイズに変換した。原稿、各種手配。あっという間に時間が過ぎていく。午後4時、中小企業家同友会とかち支部電子書籍グループのミーティング。5月8日のイベントについて。これからの1週間、集客活動を強化していく必要がある。自宅では朝から商品開発のためのマフィン作りが行われていた。午後になってもずっと続いている……。そう思って、書斎で仕事をしていたのだが、僕の勘違いだった。ミーティングが終わり部屋を出ると、中川町からの来客だった。そのまま話に加わり、夜は一緒に食事をすることにした。久しぶりにお酒を飲んだ。

インスピレーションが湧く場

昨日はできなかったことが2つできるようになりました。まだ「できる」というレベルではありませんが、動画の編集が少しだけできるようになった。2つ目は、フェイスブックでのイベント告知。みんな当たり前のように使っている機能。しかし、僕は初めてでした。一度使えるようになれば、2度目は簡単。これからは使いこなせるようになるでしょう。
 5月27日オープンの「SLOW living」関連ですべきこともたくさんあります。日常業務の中に紛れこませながら、いろいろ動いている。そして、土日にまとまった時間を使う。今月はそのような動き方でした。ずいぶんいろいろなものが必要なものだ。東京で店を開いたときとは、まったく状況が異なる。25年ぶりにまたショップを持つことになるとは。自然な動きではありますが、不思議な気持ちになっています。
 昨日は食事をしながら素晴らしいアイデアを出し合いました。やはり食べながら話をすると、インスピレーションが湧いてくるもの。お酒の力もあったに違いありません。久しぶりに北の錦を飲みました。僕のアイデアもありましたが、中川町のOさんのアイデアも有力です。さっそく調べてみようと思いました。
 一夜明けて、今感じていること。それは、外食や飲み会の回数を増やしたほうがよいということ。自宅での食事会でもいい。発想豊かになるような場に身を置くか、そうした場を自らつくる必要があります。コロナ禍になってから、この点が決定的に欠けていました。韓国のようにエンデミックへ転換するのが正しいかどうかわかりませんが、もっと活発に活動してもよいのではないか。当面は、注意深く活動を活発化させていく。そんな生活にチェンジしていこうと思います。
 ゴールデンウィークは一応カレンダー通り。どちらかというと仕事メインとなりそうです。どこかで写真を撮りに行きたいところ。昨日、Oさんたちと話しているとき、「今が花のベストシーズンだ」という話題になりました。今年は例年より開花が早い。今行かなければ、撮り逃してしまうことになりそうです。撮影しながら、インスピレーションを得る。そういえば、ここ半年ほどそうした機会がほとんどないことに気づきました。これはフォトグラファーとしての危機というより、経営者としての危機。アイデアが出やすい体質を取り戻さねば。
 日常業務、ショップの準備作業、風景撮影。これからの10日間はこの3つを軸に進めていくことになりそうです。
 もうひとつ思い出しました。ここしばらく、料理らしい料理を作っていない。M氏と一緒にスープカレーを作ろうかな……。できれば、5月のどこかで新入社員歓迎会を開催しようと思います。

ソーゴー印刷株式会社

〒080-0046 北海道帯広市西16条北1丁目25
TEL.0155-34-1281 FAX.0155-34-1287

高原淳写真的業務日誌