撮旅・台湾編【0日目】

撮旅・台湾編【0日目】

おはようございます。
 朝は旅行の準備。寝不足のためか、動きに無駄が多い。ともかく、忘れてはいけないものだけはしっかり揃える。飛行機、宿、Wi-Fi、レンタカーの予約はスマホにデータが残っているので、プリントアウトを忘れても問題はない。旅をするには便利な時代だ。午後2時出発。郵便局、銀行に立ち寄ってから千歳空港へ。民間駐車場に車を止る。千歳の国際線ターミナルに入るのは初めて。ここで夕食を……と思ったが、食堂らしきものが見当たらない。あきらめてローソンで夕食を購入。正解だった。出国手続き後に「北海道市場食堂街」という魅力的な場所を見つけたが、どの店も閉まっていた。6時半か7時が閉店時刻か? 

結局、1時間ほどぼんやり過ごすこととなった。

 

千歳空港では早く到着したためか、手持ちぶさたな時間を過ごす。成田の場合は「3時間前に着くと安心」という感じだが、千歳は「2時間前」でも問題ないようだ。8時55分発のピーチに乗る。ピーチに乗って、台湾の桃園空港へ。当然の選択というべきか、僕は搭乗前に「いろはす・ピーチ味」を購入。
 機内は満席。5時間弱のフライト。1時間ほど眠った。現地時間0時40分到着。日本との時差は1時間。ともかく、ホテルに到着し、ベッドで眠ることが今日の目標。このため宿は空港に一番近いところを選んでいた。タクシーで10分。タクシー料金は安い。レンタルWi-Fiの設定を済ませてから就寝。午前2時をまわっていた。

二度目の台湾

というわけで、無事台湾に到着したわけですが、千歳から直行便があるというのは便利ですね。成田発の場合は、羽田からの移動がものすごく大変。乗り換える場合は関空にしようと思っていました。食堂が夕方閉まってしまうというちょっとした弱点を除けば、千歳からの出発は簡単。成田のように混雑していないのもいい。
 今回の旅では、ちゃんと写真を撮ろうと考えています。もちろん、仕事抜きの旅行なので撮ろうが撮るまいが自由なのですが、前回の西オーストラリアではあまりにも写真を撮らなすぎました。今回は「食べる」よりも「撮る」に力を入れることにします。
 台湾を訪れるのは5、6年ぶりのこと。前回は「北海道移住の本」の中国語繁体字版の版元を訪問する旅でした。今回は完全なプライベート。前回、ちょっとだけしか観光的要素はありませんでしたが、興味深い風景が台湾には広がっている。これらをつぶさに見て回るのが今回の目的。
 台湾の交通事情はよくわかりません。予備知識として持っているのは「左ハンドル・右側通行」ということだけ。レンタカーの借り方も他の国とはちょっと違っているような気がします。そもそも、国際免許証が通用しない(国交がないため)というのも初めて。一応、宿でぐっすり眠ることができたので、今日の昼からは快適なドライブが楽しめるでしょう。
 今朝は雨。今日の目的地は台南。たぶん、ロングドライブになるでしょう。

ソーゴー印刷株式会社

〒080-0046 北海道帯広市西16条北1丁目25
TEL.0155-34-1281 FAX.0155-34-1287

高原淳写真的業務日誌