会社情報

北海道・十勝に根ざした企業として、
歩んできた歴史があります。

会社概要

社名 ソーゴー印刷株式会社
所在地 〒080-0046 北海道帯広市西16条北1丁目25
電話番号 0155-34-1281
FAX 0155-34-1287
創業 1954年8月
代表者 高原 淳
資本金 2000万円
取引銀行 帯広信用金庫本店、北陸銀行帯広支店 他

沿革

1954年 昭和謄写堂創立
1960年 移転(大通南13)日邦社高原印刷所と改称
1954年 移転(西1条南22丁目)
1960年 有限会社日邦社高原印刷所に組織変更
1968年 写真製版設備一式を導入
1969年 有限会社日邦社総合印刷と改称
1970年 ハイデルブルグオフセット印刷機導入
1971年 高原 広、曽我印刷株式会社代表取締役に就任
曽我印刷敷地内に工場社屋を新築し移転
1972年 曽我印刷株式会社と合併、ソーゴー印刷株式会社と改称
1974年 紙器工場を増設
1977年 連続帳票用フォーム印刷機を導入
1981年 工場を増築、電子組版システム導入
表4裏4オフセット輪転機導入
1987年 オフセット輪転機売却
オフセット2色機導入
電子組版(レーザー7)一式を導入
1990年 連続帳票用フォーム印刷機を増設
富士通コンピュータによる組版編集システム(IPS-GX)一式を増設
1992年 マッキントッシュ一式を導入し、デジタル化への取組みを開始
1995年 隣地713㎡を取得、総敷地2,498㎡に3階建延、2,986㎡の社屋を新築
1996年 イメージセッターを増設、制作課のオンライン化を図る
1997年 ハイデルベルグ5色印刷機導入
1998年 生活情報誌「月刊しゅん」創刊
2000年 プリントショップ「しゅん」、長崎屋帯広店に開店
工程管理システム「管太郎」導入
2001年 高原 淳、代表取締役社長に就任
2002年 プリントショップしゅん閉店、本社内に自費出版センター開設
プリントTシャツ発売開始
家康V2発売開始
2003年 モバイルクーポン事業開始
2004年 雑誌「スロウ」「チビスロウ」創刊
リョービ4色印刷機(754)導入
2005年 「スロウ」がジャグラ作品展で経済産業大臣賞受賞
2006年 「記憶の中の風景」がジャグラ作品展で厚生労働大臣賞受賞
エリアマーケティング「マイステージ北海道」開始
2007年 第1回きらり☆フェスタ開催
2008年 しゅん創刊10周年大感謝祭開催
2009年 ムック「とかちマメスロウ」創刊
2010年 フリーマガジン「旅しゅん」発行
雑誌「keran keran」創刊
電子書籍「オソツベツ原野の廃屋から」出版(英語版・kindle)
2012年 雑誌「スロウ十勝」創刊
2013年 AR導入
イベント「スロウ村の仲間たち」初開催
2014年 雑誌「北海道移住」台湾版発行
フリーマガジン「ぺこぐぅ」創刊
動画事業本格化
ドローンによる空撮を実用化
2015年 雑誌「スロウな旅北海道」創刊
ジャグラ作品展で「北海道移住台湾版」が経済産業大臣賞受賞
2016年 雑誌「北海道移住の本 りくらす」「北海道しごとの本 わくらす」創刊
ジャグラ作品展で「スロウな旅北海道」シリーズが経済産業省商務情報政策局長賞受賞
スロウ通販サイトリニューアルオープン
2017年 製本機・折り機増設
「Slow Life HOKKAIDO」創刊(マレーシア)
「クナウこぞう文庫」発行
「北海道移住」中国版発売

組織図

組織図

ソーゴー印刷株式会社

〒080-0046 北海道帯広市西16条北1丁目25
TEL.0155-34-1281 FAX.0155-34-1287

ソーゴー印刷株式会社