事例紹介

ソーゴー印刷が手がけた仕事の一部を、事例としてご紹介します。
アナタのものづくりの参考に。

なかふらの観光協会

観光案内サイト

中富良野の観光の方向性を示すサイトに

中富良野町はファーム富田をはじめラベンダー観光が有名なまち。そのため夏場の通過型観光地としては賑わっていますが、それ以外の季節の訴求が弱く、滞在型の観光地を目指していきたいとお話をいただきました。もっとも中富良野町にはペンション、コテージなど、宿主の方とのふれあいができる宿泊施設が数多く存在しており、滞在型観光を楽しむ素地はありました。あとはそれをどのように表現するかが課題でした。

なかふらの観光協会の担当者の方が当社で発行している「スロウ」を知っていてくれて、中富良野町の観光のコンセプトとスロウとで通じ合うところがあるのでは、と考えてくれてご相談いただきました。業者選定においては、プロポーザル方式を採用し、よりよい企画提案を行った業者に委託するとのことでした。

中富良野町はファーム富田などラベンダー観光で有名な地域。ラベンダーの魅力を伝えつつ、滞在型観光としての過ごし方を提案できるページにしたいというのが大きな要望でした。

 

スロウの世界観を活かした提案

スロウを見てご相談いただいたとのことで、WEBチームの担当者はもちろん、スロウ編集部の編集者とデザイナーも交えて、企画提案をすることに。のんびりとした雰囲気や温かさをぜひ感じ取ってもらいたい。そして中富良野でゆっくり過ごすことで、あわただしくない充実した旅を楽しんでもらいたい。そのような思いから、ゆったりした時間の過ごし方を提案する「なかふの過ごし方」というコンテンツを提案。私たちが持っている取材・編集技術と写真撮影技術を存分に発揮することで、中富良野をより魅力的にお伝えできると考えました。デザインも写真を中心とした落ち着いた雰囲気に。

結果、私たちのスロウの経験を活かした提案を評価していただき、私たちの案が採用となりました。後に聞いたのですが、審査員の方全員がソーゴー印刷に対し一番の評価をしてくれたそう。「他業者よりも熱心にヒアリングや質問を投げかけてきたので、やる気の度合いも違って見えた。結果として、私たちが求めている答えに近い提案をしてくれた」と観光協会の担当者から評価をいただきました。

中富良野町での滞在型観光を提案する「なかふの過ごし方」のページでは、スロウを制作しているクナウマガジンのスタッフがモデルの方と一緒に体験を行い記事制作をしています。北海道でしかできない体験や、静かで穏やかな時間が流れる中富良野ならではの過ごし方を提案しています。

眺めるだけではないラベンダー観光の奥深さや、冬の体験型観光、自転車をレンタルして北海道の自然と空気感を味わえる旅など、中富良野での過ごし方を提案するコンテンツは今後も追加・更新予定です。

 

維持管理契約を結び、フレキシブルにサイトを改善!

2017年3月にホームページを無事にリニューアルオープンさせることができましたが、オープンしてからが本番。維持管理契約を結ばせていただき、より使いやすく、より良い内容にすべく、日々ブラッシュアップを続けています。先方のリクエストに応えることはもちろんのこと、気付いた点は私たちからもお伝えし提案しています。「技術面でのアフターケアが良く、改善点やコンテンツ拡張の提案を積極的にしていただいている」と評価をいただいています。

英語版サイトも制作しました。翻訳はソーゴー印刷のスタッフが担当しました。ネイティブの人が見てわかりやすく魅力な表現を心がけています。

 

中富良野町について

中富良野町は北海道の中央部・富良野盆地に位置し、自然と景観に恵まれたまち。ラベンダー観光が有名で7月中旬に開催される「なかふらのラベンダーまつり&花火大会」には大勢の人が訪れます。ホテル、ペンション、コテージなど多彩で個性的な宿がたくさんあり、長期滞在をする方も多い地域です。

なかふらの観光協会 http://nakafukanko.com/
中富良野町ホームページ http://www.town.nakafurano.lg.jp/

制作実績

ソーゴー印刷株式会社

〒080-0046 北海道帯広市西16条北1丁目25
TEL.0155-34-1281 FAX.0155-34-1287

ソーゴー印刷株式会社